仲人ならぬ裂人って何?

離婚式には裂人と呼ばれる人が夫婦の立会人になります。
これは結婚式で言う仲人の逆バージョンになるのですが、読み方はさこうどと言うのです。
主に夫婦の最後の共同作業の指輪を壊す儀式のときに一緒に立ち会います。
どのような方がするのかと言いますと、消してこういう人でなければいけないというものはありません。
夫婦で好きに決めてください。
仲人の場合は夫婦ですることが多いのですが、この場合は独身の方がしてもいいのです。
また、離婚の儀式ですので夫婦の共通の知人がするのがいいでしょう。
このような役割に任命されるのは少し複雑なものかもしれませんが、一つの儀式を見守るというためのものですしお互いにすっきりと新しい人生を過ごすためのものですので心よく引き受けてください。
ちなみに結婚式で仲人をしてくれた方にはできるだけ任命しないようにするといいでしょう。
自分たちが世話をしたカップルが離婚するのは決して気分のいいものではないからです。
もしも仲人の方が自分でしたいと言った場合は任命をしても構いません。
離婚式というものは単なる儀式的なものですので仲人をするのとは違いそれほど面倒なものではありませんし、気軽に参加してください。

Comments are closed.